二日酔いに効果的なウコンを飲むタイミング

ウコンは古くから健康効果があるとして着色料や香辛料として使用されていますが、近年では二日酔いの予防効果が期待できると、ドリンク剤やサプリメントが豊富に販売されています。
二日酔いの予防という効能や効果については科学的に実証されたデータがあるわけではありませんが、ウコンが二日酔いを予防するというイメージが世間に浸透した理由は、主成分のクルクミンにあります。

クルクミンには胆汁の分泌を活発にして肝臓の機能を強化する作用があり、肝機能を向上させる効果が期待できます。

アルコールは肝臓で分解される過程で二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドを生成しますが、二日酔いの予防にはこのアセトアルデヒドを体内に残さない事が重要となります。

そこで、分解酵素を補う胆汁の分泌を活発にするウコンが、二日酔いの予防に役立つと考えられているのです。

飲むタイミングについての決まりはなく、お酒を飲む前でも飲んだ後でもいつでも大丈夫で、飲酒前の準備として飲めばアルコールの分解効率が良くなる為、悪酔いを予防できますし、お酒を飲んだ後にウコンを摂っておけば、就寝中にアルコールの分解が促進されますので二日酔いの心配がなくなります。

ただし、ドリンク剤かサプリメントかによって飲むタイミングが異なります。

ドリンク剤は即効性があり、飲酒後でも十分な効果が期待できますが、サプリメントの場合は吸収に時間がかかるため、飲酒前に飲む事をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ