生ウコンは飲んで摂取することをおすすめします

最近、お酒を飲む際にウコンの飲料などを利用する人が増えています。
テレビコマーシャルでも紹介されていますが、ウコンにはクルクミンという成分が含まれ、肝機能を強化したり胆汁の分泌を促進させる作用があるため、肝障害に有効な成分として注目されており、特にお酒を飲む機会が多い人は利用しているようです。
また、精油成分も多く含まれていて、シオネートという成分は健胃作用と殺菌作用などがあり、クルメンは抗がん作用に強い効果を発揮すると言われています。

他にもたくさんの健康に効果のある成分を含み、ミネラルも豊富に入っているので健康維持におすすめです。
特に生ウコンは、ウコンの中でも最も効果を発揮するとされていて、最近は取り寄せて食する人も多くなっています。

生でかじって食べても良いのですがクセがあるので、一番摂取しやすいのは飲む方法です。

生ウコンをすりおろし、湯に混ぜて飲むと効果的で、中にはおろしたものをガーゼなどで絞る人がいますが、それではせっかくの成分を無駄にしてしまいます。

味はどちらかというと生姜に苦みがプラスされたものに近く、最初は飲み慣れるまで難しいかもしれませんが、おろしたものを全て飲むことが重要です。

また、最近はCOOKPADでも生ウコンを使用したレシピが多数紹介されています。
飲むのがどうしても苦手な方は、味噌汁に入れたり、料理にプラスして摂取すると良いでしょう。

一回の摂取量は10グラムを目安に摂り入れてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウコン

このページの先頭へ