産後うつの症状と発症しやすい環境等

出産は女性にとって、心身ともに負担の大きい行為です。
もちろん、新たな生命の誕生はそれを上回る喜びでもありますが、ホルモンバランスの変化に加え、慣れない育児でノイローゼ気味になり、産後うつにかかる女性も少なくありません。

産前うつも存在はしますが、こちらはホルモンの変化によることが周知されている上、妊娠初期に主にかかりますので、おなかが大きくなるに従って赤ちゃんに会える楽しみのほうが勝ってきます。

しかし、産後うつは症状の自覚をするケースが少なく、出産による急激なホルモンや体調の変化が激しい上、赤ちゃんのお世話というこれまでにない仕事が追加されるため、重症化しやすい傾向にあります。

産後うつの発症時期は、里帰りなどから戻って、赤ちゃんと二人だけで過ごす時間が増えてくる頃がもっとも多いです。
赤ちゃんの扱い方が良く分からない上、悩みや愚痴を聞いてくれる相手もおらず、無力感や疲労感がどんどん増加していきます。

症状は、意味も無く涙が出たりいらいらしたり不安になったり、疲れが取れない、眠れない、おっぱいが出なくなる、赤ちゃんにいとおしさを感じなくなるなど様々です。

生後間もない赤ちゃんは昼夜を問わず泣き続け、育児の不安とともに寝不足も手伝って、重症化するケースも多く見られます。

家庭環境としては、頼れる実家が離れていたり、夫の帰りが遅く一人で過ごす時間が多い家庭などで発症しやすく、まじめな人ほど重症化する傾向にあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ