うつ病の人が医師に診断を受けに行く基準

うつ病は風邪やケガと違い、どこをボーダーラインとしていいのか、いつ医者に行けばいいのか分かりにくいと思う人が多いようです。
特にうつ気味の人は一時的な症状と思いこみ、医者に行く機会を逃しているケースがあります。

この病気の人の中には、その判断ができにくくなっていることもありますので、本人も周囲の人も、この病気のボーダーラインをしっかり把握しておく必要があると言えます。

まず症状として、いつも何故か悲しい、負の感情がコントロールできない、食欲が減退して短期間ですごく痩せた、いつもしていたことが急に手に負えなくなった、自分が生きていていいのかと思うことがある、良質の睡眠が取れない、一部ではありますが、このようなことを感じたらまず注意です。

そして、その症状が一時的なものでなく、何カ月も続いているという場合は要注意です。
最後に、その症状のせいで日常生活に支障が出始めている場合は、医師の診断のもと治療が必要となりますから、すぐに医師に相談して下さい。

結論としては、日常生活に支障があるかないかということを基準にすると分かりやすいかと思います。
注意、要注意の段階であっても、医師に相談をしてももちろん良いです。

早期治療がこの先の良し悪しを決める病気ではあるので、先手必勝だと言えます。

心療内科や精神科は、風邪の時のように気軽に利用していい所ですので、シグナルを少しでも感じたら、迷わず相談しに行くことで、治療が遅れることが防げるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ