うつの人が職場復帰する際には、上司や人事部、専門医の連携が不可欠です

仕事上の人間関係、あるいは業務になじめないこと、長時間労働などが原因となって、うつを発症する人が増えています。
症状が仕事を行う上において支障が出てくるようになると、休職休暇を取得して、病気の治療に専念することになります。
そして、うつからの職場復帰は、人事労務部門が頭を悩ましている問題の一つです。

復帰したものの、再び病気が再発し再休暇を取得するケースが少なくないのは事実で、こういう場合、復帰後に以前と同じ業務や労働時間で働かせることが多く、完全に治癒していない場合には、再発リスクが高くなってしまいます。

それでは、折角休ませたのに本人、そして会社にとって不利益を被ります。
職場復帰の際には、本人そして上司、人事部、専門医が連携することが何より大事になってきます。

休職中でも、本人は会社の上司や人事部に定期的に症状(状態)を報告し、会社側も、本人、そして専門医の助言を元にした上で復職の判断を下すことになります。

復職時の本人の体の状態から、当面は時間短縮や残業禁止の措置を採ったり、場合によっては負担を軽減させるため、業務を転換させたりします。
今は、復職支援プログラムを提供している医療機関が増えてきているので、会社側が休職者に参加させるのも一つの手です。

あとは、うつで休職者を出してしまうと、会社にとっても大きな損失になってしまいます。
数が増えると余計大変になってくるので、事前に対策を行うことがとても重要と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ