離婚とうつ病の関係性について

離婚とうつ病の関係性はしばしば指摘されています。
婚姻関係の解消に至るまでには、夫婦間の間に様々な原因というものが存在するものです。
配偶者の不貞行為が家庭の崩壊につながったというケースは数えきれないほどありますし、また、性格の不一致を理由に婚姻関係を解消するカップルも少なくありません。

最近では、所謂できちゃった結婚という形の結婚が若い人の間で起きています。
できちゃった結婚というのは、結婚をする前に赤ちゃんを作ることからそう呼ばれています。

このように若い人たちの間では、子供を授かったことをきっかけに結婚にいたるカップルが急増しています。

一つの結婚の様式としてできちゃった結婚は現代における新しい現象となっていますが、しかしながら、その結婚の後に性格の不一致から離婚に至るカップルも少なくはありません。

そのような場合においては、離婚することになります。
双方が合意に至り、円満に婚姻関係を解消することにおいては、問題なくことを事務的に進めることができます。

また、子供にとっても二人にとっても、婚姻関係の解消という結論が、良い結果を招くということも少なくありません。
また、このような場合においては、精神的ストレスも最小限に抑えることができます。

しかしながら、問題は協議が難航し、そのことによってお互いに対する憎悪が増した時にうつ病を発祥してしまうケースが多く、特に、協議が難航するとそれだけ長期化し、知らず知らずのうちに精神的ストレスがかかってしまい原因となってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ