漢方薬でうつ病の治療をしましょう

うつ病とは、やる気が出ず無気力状態になり、食欲不振による体重の減少や不眠、頭痛や吐き気などの症状が見られる精神疾患です。
精神科、もしくは心療内科に通院して薬を処方してもらう必要があります。
この病気を治すには、まずは自分にあった薬を見つけることです。

同じ症状があっても、人によっては合う合わないが分かれます。
そもそもこの病気は、落ち込んだ時にそれ以上落ち込まないようにする脳の物質が上手く伝わっていない、またはその物質が出ていないことにあるとされています。

西洋医学に基づいて処方しているクリニックでは、その脳の物質の出を良くしたり、その物質を良く伝えられるようなアプローチをする処方が多く見られます。

その薬の種類はたくさんあるので、自分にあった薬を見つけるまでが大変です。
クリニックの中には、東洋医学の知識がある先生が居て、西洋と東洋の良いとこ取りをしてくれることもあります。
そうすると、漢方薬でのアプローチも可能になります。

漢方薬は悪い所だけでなく、全体的に良くなることで主症状が緩和されるという考えがあり、西洋医学とは違ったアプローチが合うという患者には適した処方だと言えます。

多くのクリニックで処方してくれるようなので、一度担当医に相談してみると良いでしょう。
いろいろ試してきたけれど、もう他に薬がないと言われてどうしようと思っている人は、漢方薬を取り入れてみることをお勧めします。
薬が合えば、完治も夢ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ