子供がうつになったとき、親はどうすれば良いか

うつ病にかかった場合はどうしたら良いでしょうか。
これはストレスの多い現代社会ならではの疾患であり、単なる落ち込んだ気分、という言葉では片づけられない疾患です。
通常の気分が落ち込む状態よりも、はるかに深刻な不安や苦しみが生じます。

そしてときには、食欲低下や不眠症などが起こり、最悪自殺までも考えてしまう場合もあります。
成人ならばまだある程度の知識もあり、すぐに誰かに相談することもあるでしょう。

しかしながら、もしも子供がこのような精神疾患にかかった場合、親はどうすれば良いのでしょうか。
まだ小学生、中学生だからと見過ごしてはいけません。
うつは誰にでもかかる病気です。

なぜなら、子供社会というのは、ときに親が考えている以上にストレスの原因となるものが多く、また子供は親に迷惑をかけないようにと自分で解決しようと考え込んで、結果悪循環に陥りやすいのです。

ですから、日頃から親はしっかり子供と話をすること、そしてささいな変化にも気づけるようにしっかりチェックしておくことが大切だと言えます。
そして、落ち込んでいるなと思ったら、簡単に、頑張ってなどと励ますのはいけません。

それはときに逆効果だと言われています。
程度がひどければ、必ず心療内科やメンタルクリニックなどの専門家の診察を受けましょう。

親子の関係性もまたうつになるかどうかの重要なファクターであるので、日頃から注意深く観察し、早期に発見し、早期に治療することを心掛けることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ