うつによる解雇は不当になります

まず、今時うつで解雇するような企業がまだあるのでしょうか。
その原因の多くは、職場での過労や人間関係です。
だとしたら、職場に問題があるわけであり、それでクビになるとすればそれは不当で、そもそも解雇理由にはならないので、もっとメンタルヘルスを勉強した方が良いでしょう。

最近の企業はメンタルヘルスに対して積極的であり、セミナーや講習に社員を参加させたり、また上司の為のセミナーもあり、たくさんの方が参加しています。
こういった変化は素晴らしいことです。

うつは、なかなか万人にはまだ理解されない部分が多いのは事実ですが、元気が無くなったり、仕事の能率が下がったり、会社を休みがちになったり、周りが気づくきっかけは必ずあります。

昔は単なる怠け病で終わらされたうつ病ですが、これは立派な精神疾患であり、休養と通院が必要で、職場復帰も慎重に行わなければならないデリケートな問題なのです。

雇われる側としては、クビにされるのではないかという恐れから、無理をしてしまい休息が充分に取れず、さらに症状が重くなってしまう可能性もあります。

やはり、そうならないためには、周りが気づいてあげることです。
同じ職場の人間ならちょっとした変化にも気付くはずですから、最初は簡単な声かけをしてみましょう。

そして、自分の事を気にかけてくれる人がいると思うだけでも、かなり違いが出ます。
職場の同僚が不当な解雇を受けることにならないように、職場の仲間が力になることです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ