定年退職うつ病を防ぐには家族みんなの協力が必要です。

最近になり耳にするようになりましたが、定年退職うつ病というものが増えています。
1種の病気として認識されていますが、この定年退職うつ病とは、長年に亘り勤めてきた会社を定年で辞めたものの、これから先にするべき事がわからなくなりうつ状態に陥る事で、定年症候群、退職症候群とも呼ばれています。
この病気を発症しやすいタイプは、長期に亘り仕事中心として頑張って来た誠実な方に多くみられます。

定年を迎え、人生の中心であった仕事を終えた時に大きな喪失感に襲われ、それとともに家庭内での存在や、夫としての地位が揺らいで行く事を感じ、プライドさえも打ち砕かれる思いになり、今まで評価してくれた会社や同僚を失い、自分を過小評価したり劣等感にさいなまれていきます。

そして、出勤する必要もなく、長い一日をどのように過ごし何をするべきかに悩み、無感動、無気力などの症状が続くようになります。

そのような状態を繰り返す事で、睡眠障害や食欲不振などが起こる事を定年退職うつ病として診断されています。

この病気を防ぐには、まずこのような状態を病気として認識する事が必要です。
そして、定年前から、仕事以外に趣味やサークル活動など、熱中できるものを見つけておきましょう。

また、休日は家族と一緒にどこかへ出かけてみたり、家庭でのコミュニケーションを増やす心掛けや、自分の居場所を作っておくべきです。

この事を認識して、定年退職するまでに対処しておけば防げる病気なので、誰にでもなり得ると理解して、家族みんなの協力で第二の人生を謳歌しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ