職場でのうつ病の早期発見と対応について

うつ病が大半を占める気分障害の患者数はここ数年急増し、日本でも平成20年には100万人を超えました。
この病気は、誰がいつなってもおかしくない程身近な病気である一方で、病気のサインや心の不調のサインは自分ではなかなか気付きにくい事が特徴です。
中には、気付いても職場や家族に心配を掛けたくない思いから自分自身で抱え込み、誰にも相談出来ずにいるケースもあります。

この病気の治療では、早期発見、早期対応がとても重要で、早目に対応する事でスムーズな治療へと結びつき、より早い回復が望めます。

一日の大半を職場で過ごす人達にとって、共に働く上司や同僚は極めて身近な存在です。
職場で働く部下や同僚にうつ病のサインが見られたら声を掛け、話を聞いてあげて下さい。

周囲が気付く主な変化は、遅刻や早退、欠勤が増える、ミスや事故が増える、判断力の低下や仕事の能率の低下が見られるなどがあります。

また、周囲との会話が減ったり、元気がなかったり、顔色が悪いといった症状も見逃せないサインです。
他にも、頭痛やめまい、微熱、吐き気の様な身体的な症状の訴えがサインの場合もあります。

この様なサインに気付き声を掛ける際には、「期待しているから頑張れ」や「気合で乗り切れ」などのむやみな励ましや「そんなことではダメだ」、「誰だってそうだ」といった非難をしてはいけません。

心配な気持ちを伝え、相手の話を聞く事が大切です。
対応において気になる点や心配な場合は、会社の産業保健スタッフや人事担当、社外の専門相談機関に相談すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ