プチうつ病のうつ症状と解消法

最近、女性達の間でプチうつ病が増加しています。
これは、うつ病に比べて単に症状が軽いというだけでなく、うつ症状になる時間が短いケースもプチうつ病に該当します。
日常生活に支障をきたすわけではないので、周囲も自分自身でも気が付きにくく、一度プチうつ病を発症するとなかなか治りにくいのが特徴です。
そして、そのまま放っておくとパニック障害などを引き起こす可能性もあります。

そもそもうつ病とは慢性的に抑うつ気分が続く病気で、医学的な診断条件として、2週間以上ほとんど毎日続く抑うつ状態と定義されています。

一方のプチうつ病は、うつ症状が毎日連続するわけではなく、1日のうちのある場合に規則的に症状が出たり、ある時間帯だけや週に1日だけなどに不安になってしまうという症状です。

この状態が本格的に発展すると、非典型うつ病と呼ばれる病気となってしまいます。
プチうつ病の症状として顕著に現れるのは、気分の浮き沈みが激しくなる事が挙げられます。

楽しい出来事があれば気分は良くなりますが気分が落ち込む事の方が多く、突然理由もなく涙がポロポロ出たり、寂しさを感じたり、自己嫌悪を強く感じてしまったりと感情の起伏が激しくなります。

また、精神的な症状の他に身体的にもいくつか症状が現れ、過食や過眠、全身が倦怠感に包まれるなどが挙げられます。

プチうつ症状の解消法として、果的なのは、ストレスと疲労の原因を減らす事で、自分が一番楽しいと感じるストレス発散方法で休息をとる事が一番です。

また、朝は日光に当たると心身を活性化させるセロトニンが分泌され、うつ病の予防に効果的ですが、回復の兆しが見られない場合は一人で抱え込まず、病院で受診しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ