うつ病のカウンセリングについて

うつには、眠れない、やる気が出ない、とにかく理由が分からず不安にかられるといった症状があります。
心の病気のイメージが強いですが脳の伝達物質の異常と言われていて、心だけでなく体も疲れているので、まずは体を休めることから始めると良いでしょう。
とにかく眠ること、そして処方された薬をきちんと飲むこと、それから心の状態に取り掛かるカウンセリングに入ります。

カウンセリングは保険適用外で高いイメージがありますが、保険適用で自立支援申請を受けると、1回400円くらいでカウンセリングが可能なところもあります。

カウンセリングでは一体何を話せば良いのかと不安に思うものですが何を話しても良く、うつになったきっかけや原因はありますが、そこが分からないと解決できないというものではないので心配は不要です。

言いたくないことは話さなくても大丈夫ですし、ただ一方的に話を聞くだけで終わるということもありません。

カウンセラーとの対話を通して、一緒に解決策を考えていこうというもので、答えは必ず自分の中にあるのですが混乱していて分からないだけなので、そのお手伝いをしてもらうというものです。

カウンセラーの中には以前うつ病を経験した方も多くいますから、その経験を踏まえたカウンセリングは安心できますし、実際に乗り越えている方を目の前にすると、うつは治る病気だと確信できるでしょう。

何よりも、自分に合った良い医者を見つけることが一番の回復につながります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ