うつ病を克服するために大切なこと

うつ病は、意欲や興味の低下などの精神的な症状に加えて、疲れやすい、眠れない、食べられないなど身体的な症状も現れます。
このような症状が続くことで、日常生活にも支障が生じる病気です。
この病気は、脳内にある神経伝達物質の働きが悪くなり、それにストレスなどの要因が重なって発症すると言われています。
更に体質や性格、考え方や環境も深く関わっていると考えられます。

環境の要因としては、身近な人の死亡や家庭内・仕事のトラブル、結婚や離婚などがあり、身体的な要因としては脳血管の障害やホルモンバランスの変化、慢性的な疲労などが挙げられます。

それらに遺伝的要因などが重なって発病してしまうのです。
これは老若男女を問わず誰でも発症の可能性がある病気で、早期に発見して適切な治療を施せば克服できると言われています。

一般的な治療法として抗うつ剤がありますが、薬だけで克服するのは難しく、自分に合った抗うつ剤を飲むことに加えて生活環境を整えていくことが大切です。

そして、生活環境を変えて気兼ねなく通院して治療に専念するためには周囲の協力が不可欠になります。
そのためには、家族や友人、同僚や上司などに病気のことを告白するか、体調が悪いことだけでも伝えるようにすることが大切です。

うつ病克服の方法として注目すべきなのがセロトニンで、セロトニン不足がうつ病発症の原因であることが脳科学的に言われています。
セロトニンを増やすためには、日光を浴びること、よく噛むこと、体を動かすこと、腹式呼吸、夜の睡眠、共感することが効果的です。

うつだからと諦めず、周囲にも協力してもらいながら対処していきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ