うつ状態の症状と治療・対処法について

うつ状態という言葉をよく耳にしますが、実際にはどのような症状をいうのでしょうか。
今では気軽に診療内科や精神科が受診できるようになり、多くの方が専門家のいる病院に足を運んでいます。
そこで最も多い診断結果がうつ状態だと言われています。
現代人は特に過度のストレスの中で生活している人が多く、自分では気付かないうちに精神的なダメージを受けていることがあります。

それらの影響で一時的に憂鬱になったり気分が落ち込んだり、やる気が起きなかったりと、自分の力ではどうしようもない状態になってしまうのです。

精神的なダメージを受けた時以外にも、脳の疾患や薬の副作用、疲労や更年期障害など様々な状況が原因で起こり、それらの状態をうつ病と勘違いしてしまうこともありますので、自己判断せずに専門科を受診することが大切です。

うつ状態の症状は精神的なものと身体的なものに大きく分けられ、精神的な症状として不安感や絶望感、意欲・思考力低下などが挙げられます。

身体的な症状としては不眠やだるさ、胃腸や視覚・聴覚の機能不全などがあり、このような状態が日常生活に支障をきたすような場合は治療が必要になるかもしれません。

うつ状態は原因を究明して治療すれば必ず治りますので、信頼できる医師に診てもらい、薬物療法や精神療法などの適切な治療を行いましょう。
そして、マイペースに、人からの評価を気にしないで気楽にゆっくりと生活していくことが予防にもつながります。

例え健康な人でも元気な人でもうつ状態になってしまうことがありますので、異常を感じたら少し様子を見ることも大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:うつ病

このページの先頭へ