ワキガの臭いの原因は、アポクリン汗腺からでる汗に細菌が繁殖し分解されること

ワキガは、脇の下にあるアポクリン汗腺から出る汗に、細菌が繁殖し分解されることで臭いを発生して起こります。
汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺があり、暑いときなどに体温調節を行う際にでる汗はエクリン汗腺からでているもので、ワキガの原因となる汗とは違うものです。
また、アポクリン汗腺は遺伝によるもので、日本人の1割程度の人があると言われており、ワキガは病気ではなく体質です。

もちろん、人にうつることは決してありません。
ワキガを治す方法は様々で、クリニックによって行われている治療法もいろいろあります。

もっとも古くから行われている治療法は、手術によって切除する方法です。
脇の下を切開し、汗腺とわき毛を皮膚とともに切除します。

アポクリン汗腺をしっかり取り除いてしまえば、再発することもなく効果もとても高いものです。
その他の手術法では、脇の下をほんの少し切開し、脂肪吸引を行う際に使うような機械で、汗腺を吸引する方法があります。

また、医師がアポクリン汗腺を1つ1つ目で確認しながら、取り除いていく方法も存在します。
最近注目されている手術法では、超音波で取り除いていく方法があります。

脇の下の皮膚を少し切開して機械を挿入し、超音波を発生させることにより汗腺を破壊して吸引していきます。
この方法はほんの少し皮膚を切るだけですので、傷口も小さく済みます。

そして、手術以外では注射による治療法もあります。
筋肉を弛緩させるボトックス注射を使用した方法で、脇にボトックスを打つことにより、筋肉の働きを弱めて汗腺の働きを抑えます。

注射を打つだけですので、短時間で終わり傷痕も残りません。
その他にもクリニックによって様々な方法があるので、医師に相談して、一番自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ