ワキガの原因は食生活と遺伝が挙げられています

日本人の10パーセントの割合でワキガの人がいると言われています。
臭いには個人差があるので、きつい臭いのワキガの人の割合はさらに少なくなると考えられるために、国民全体としては数が少ないと言えるでしょう。
しかし少ないということが逆に目立ってしまうことになるために、それだけ悩みも深刻になってしまいます。

ワキガが原因で結婚や就職を諦めてしまったという話も聞くことがありますし、適切な治療を求めている人は、少なくありません。
ワキガの原因として、食生活と遺伝が挙げられ、両親がワキガの場合には、高い確率でそうなってしまうようです。

特に食生活も重要な点です。
欧米ではワキガの人の割合が80パーセントを超えているので、肉中心で乳製品を大量に摂取する欧米型の食生活との関連が指摘されています。

治療法としては、汗腺を直接目で確認して取り除く方法が根本的な解決法として有効です。
臭いの原因である汗腺を完全に除去するために、ワキガの原因を元から取り除くことになるわけです。

しかし、傷跡が残ってしまうというデメリットもあるために、女性は躊躇するケースもあります。
また、長期的な治療法としては食事療法が挙げられます。
魚と野菜中心に、炭水化物をしっかりと食べるという日本の食生活が効果的であると言われています。

食事療法を行うためには家庭で協力して行う必要がありますが、生活習慣予防など他の効果も期待できるので、積極的にやってみるべきでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ