自分でできるワキガチェックをしよう

ワキの臭いはワキの下にあるエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の3つの分泌腺からの分泌物が、それぞれ混じり合ったり、皮膚表面の細菌によって分解されることにより発生します。
エクリン汗腺から分泌される汗は、運動したり気温が高いときに分泌される汗です。

エクリン汗腺は日常的に汗を分泌していて、この汗自体に臭いはありませんが、細菌や皮脂腺から出る脂肪分などと混ざり合うことで一般的にいう汗臭さが発生します。

皮脂腺は主に皮脂を分泌し、毛髪や肌の表面の保護をおこないます。
肌の保護という大切な役目を担っている皮脂腺ですが、分泌される皮脂に含まれる脂肪分が酸化して臭いを発生させるのです。

ワキガの人の場合、通常より発達していている汗腺が、アポクリン汗腺です。
アポクリン汗腺はワキの下や耳の中、乳首や性器の周辺など、体の特定の箇所に集中しているという特徴を持った汗腺です。

アポクリン汗腺から分泌される汗もエクリン汗腺から出る汗と同じく、汗自体に臭いはほとんどありません。
しかし、皮脂腺から分泌される脂肪分や、エクリン汗腺から分泌される汗などと混ざり合ったり、アポクリン汗腺から分泌された汗に含まれる物質が細菌に分解されたときに、独特の臭いが発生します。

ワキガのチェックを自分で行う時、この独特の臭いを知っていれば判断することは可能です。
しかし、それ以外にも耳垢が湿っている、衣服のワキ部分に黄色いシミができる、ワキが黒ずんでいる、ワキの汗に粘り気があるといったようなチェック項目により判断することも出来ます。

もちろん全部に当てはまったからといってワキガというわけではありません。
最終的な判断は専門の医療機関を受診することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ