ワキガは汗腺の数と関係があり、男性より女性の方が多いことが知られています

日本では、10パーセントの割合でワキガの人がいると言われています。
欧米の場合、その割合は80パーセントを超えているので、比率としては少ない方ではありますが、少ないと云う事によって逆に目立ってしまい悩みとなっているようです。
ワキガは、汗腺の数と関係があるもので、男性より女性の方が多いことが知られています。

思春期の始まりの頃に発生するケースが多く、他人に指摘されて気づく事もあり、そういった場合には傷つきやすい年齢であるということもあり、深い悩みへと変わってしまうことも多いです。

ワキガが原因で、結婚や就職をあきらめてしまうといったケースも報告されています。
ワキガは、遺伝と食生活が原因としてあげられる事が多く、肉中心で乳製品を大量に摂取する欧米型の食生活が原因と言われています。
これらの食生活をできるだけ行わないようにすることが、ワキガの食事療法として有効です。

他には、臭いの元になるにんにくや香辛料もできるだけ食べないようにするなどの工夫をプラスした上で、長期間の食事療法で症状を軽減させることができます。

もちろん個人差があるので、ワキガの臭いが特にきついような人の場合には、外科手術による治療も検討する必要があるでしょう。
外科手術の中には、汗腺を直接除去する方法が有効だと言われていますが、傷跡が残ってしまうというデメリットがあるため、女性の場合には躊躇する要因となっています。

また、レーザーなどで治療する方法もあります。
ワキガは、遺伝が大きな原因としてもあげられていて、両親がそうである場合、子供も高い確率でワキガになると言われています。
そうであることを自覚している場合には、子供に事前に説明しておくことが必要でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ