美容外科で行われるワキガの治療方法

ワキガとは、医学的にいうと腋臭症とも言われます。
これは、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する状態のことで、軽症のものであれば市販の制汗スプレーを使用すれば症状が軽減する場合もありますが、重症の場合、医学的に対症していくことが必要になります。
ワキガの医学的な治療というのは、主に美容外科のクリニックで行われています。

その治療方法には、ボトックスという注射を用いたものや、ワキガを体臭として扱い、体臭予防として治療するサプリメントを用いたり、原因を根こそぎ取り除いてしまう手術療法などがあります。

一番取り掛かりやすく、費用の面でも安心して受けられる治療方法がボトックス注射で、実際かなり多くの人が美容外科でこの治療を受けています。

ボトックス注射を用いた治療方法とは、ボツリヌス菌を注射によって患部に注入することで、その部分の機能を鈍らせるものです。
それによって汗腺の機能が低下し、注射した部分からは汗が出にくくなり、また、臭いも発生しにくくなります。

このボトックス注射は、同じ原理で顔のしわとりなどにも使用されており、美容外科ではとても人気のある治療法です。
しかし、ボツリヌス菌は威力が減少してきてしまうものなので、継続して注射を受ける必要があります。

原因をすべて排除してしまいたい時には、手術療法が一番適しているといえます。
これは、患部の皮膚を切り取って、別の皮膚を移植するという方法です。

術後の痛みがあったり、費用もボトックス注射などに比べれば高価になってきますが、一度手術を受ければ同じ患部で悩むことはなくなります。
これらの治療のメリットとデメリットをしっかり把握した上で医師と相談し、自分に一番合った治療法を選択する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ