軽度なワキガはボトックス注射で改善できます

現在、ワキガで悩んでいると言う人も少なくはないでしょう。
日本人からは良いとはされていない体臭ですが、実は外国人からしたらこういった体臭はあって当然のものです。
しかし、日本人は民族的にも体臭が少なく、さらに昔から清潔さを重視しているため、周囲に不愉快な思いをさせてしまう臭いだとされています。

そこで近年、様々なワキガ治療が誕生しています。
ただし、手術での治療が必要かどうかについては、臭いの強弱によって変わります。

臭いがそれほど強くなく、自分でケアすれば臭いが軽減されるという軽度の人には、ボトックス注射がお勧めです。
ワキガとは、遺伝的なものが要因していますが、大量の汗と不衛生さが臭いを強くする原因となっています。

そこで、脇の下を清潔に保ち汗を止めることができたら、結果的に臭いも軽減されると言うことになりますので、その治療の為にボトックス注射を利用するのです。

ボトックス注射では、汗を一定期間止めることができます。
汗を止めてられる期間は個人による異なりますが、おおよそ数ヶ月から1年ほどだと言われています。

効果が切れたら再び注射を打ち直す必要がありますが、治療を継続することで多汗症そのものの治療に繋がる期待もできるとされています。

脇の臭いに悩んでいる人には、多汗症で悩んでいる人も大勢いるため、多汗症が治療できたら自然と脇の臭いも改善されるでしょう。
まずは医師に相談して、最適な治療方法を選択してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ