ワキガの臭いの発生を防いでくれる石鹸

ワキガの臭いが発生する原因は、アポクリン腺という汗腺にあります。
この汗腺から分泌された汗の成分を、皮膚上の細菌が分解することで低級脂肪酸やアンモニアといった成分が生成され、これらが放つ臭いが不快な臭いとされているのです。

ワキガ体質の人はアポクリン腺が多い傾向にありますが、根治治療をするなら手術でアポクリン腺を除去する必要が生じます。
しかし、手術はしたくないという人や、手術するほどでもない軽度の臭いの人もいます。

そういう人には、自分で臭い予防ができるアイテムを使うことをお勧めします。
ワキガ対策にはスプレーやクリームなど色々ありますが、脇を洗う際の石鹸を変えてみるという方法も存在します。

アポクリン汗腺から出る汗が、脇の下の細菌と反応を起こすことで発生する臭いですから、雑菌を繁殖させないように努めることで臭いを抑止することができるのです。

殺菌、制汗効果が期待できる石鹸に、ミョウバンが配合されたものが販売されています。
ミョウバンには皮膚を弱酸性の状態に保ち、体毛の成長を抑える成分もありますので、脇の清潔な環境づくりに一役買ってくれます。

そのほか、毛穴の中や表面に残る臭いのもとを分解する効果があるトルマリンを配合したものや、汚れを洗い流した後に使うことで弱酸性の肌を保ち細菌を殺菌する効果のある逆性石鹸などもあります。
これらのアイテムをほかの消臭アイテムと組み合わせて使うことで、脇の臭いを改善することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ