ワキガには自覚症状がない臭いがあり、チェックすることが大切になってきます

ワキガには、自覚症状がない臭いがあります。
自分からは全く臭いを感じない場合でも、じつは周りの人を不快な思いにさせていることがあるのです。
この場合、周りの人は指摘しにくいために、あえて何も言わずに済ませてしまいます。
臭いというものは本当に不思議なもので、自分ではなかなか気付けません。

自覚がないところで、実は周りは不快な思いをしているというのは辛いところです。
こういったことにならないためには、普段から自分がなってしまっていないかチェックすることが大切になってきます。

ワキガをチェックするには色々な方法がありますが、まずワキガの人には衣服類に黄色い染みができていることが多いようです。

黄色い染みはわきの下にあるアポクリン汗線から出る汗が原因で、この汗には糖質やたんぱく質、尿素、アンモニアなどといった様々な成分が含まれています。

それらの成分が変化することによって黄色く変色が起こりますので、衣服のわき部分にうっすらでも黄色い染みがあれば怪しいかもしれません。

あとは、恥ずかしいかもしれませんが、直接家族など聞きやすい人に聞いてみることです。
他人に聞いてしまうと、気を使って本当のことが分からなかったり、聞かれた人も困惑してしまいます。

ここは家族など、本音で言い合える人に聞いてみると良いでしょう。
または手っ取り早く、自分で確認してみるのも良いかもしれません。
わきに手を当てて臭いをかいでみることで、臭いがあれば自覚が持てます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ