その体臭がワキガと分かった日から体質改善を

あなたの気になる体臭の原因はワキガかもしれません。
ワキガとは、アポクリン腺から分泌される分泌液に、皮膚表面の雑菌などが繁殖することで作られる悪臭の事を指します。
アポクリン腺は脇だけでなく乳輪や性器の周辺にもあり、性器周辺のデリケートゾーンが臭う症状をワキガの中でもすそワキガ(裾腋臭)といいます。

風通しが悪く、雑菌が繁殖する条件が揃うと悪臭になりやすいといえます。
また、遺伝的にワキガになりやすい人もいます。

片親がワキガの人は50パーセントの確率でワキガとなり、両親がワキガの人は70パーセント以上の確率でワキガとなることが研究により分かっています。

もともと、日本人は欧米の人とくらべてワキガの人は少ないと言われて来ました。
欧米人の肉食中心の食事が体臭を強くしているということは良く知られていますが、その原因はワキガの原因物質のうちのひとつであるアポクリン腺の分泌液の臭いを強くするためです。

近年食事の欧米化により、日本人のワキガ患者は増加の一途を辿っています。
アポクリン腺の臭いの強さ、また体毛の濃さなどがワキガの原因となりえます。

体毛の濃さは腺の数の多さと比例するためと、風通しの悪い、雑菌が繁殖しやすい条件を作り出し易いからです。
手術を考えるよりも前に、まず脇やデリケートゾーンの除毛をしたり、風通しのよい衣類を身につけたり、不規則な生活をしない事や食生活の改善などにぜひトライしてみてください。

手術によるアポクリン腺の除去は出来ますが、生活改善、体質改善と同時進行でするのが得策です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ