ワキガは、治療する場合は、納得のいく治療を選ぶことが何よりも重要ですから、専門医に相談することが一番です

臭いに敏感な現代においては、単なる汗の臭いをワキガと思い込んで病院に相談に来る人も多いようです。
日本人のワキガ体質の比率は10パーセントから15パーセントと言われており、欧米の人が70パーセントから90パーセントに上がるのを考えると非常に少ないものです。
しかし、少ないからこそ気になるともいえるでしょう。

まずは、自分がワキガかどうかを確かめる必要がありますが、一番わかりやすいチェック方法は耳垢です。
外耳道にはアポクリン腺があり、その働きが活発な人は、ねばねば湿った耳垢が出ます。

そのほかにも、毛根の数が多いとアポクリン腺も多い傾向にあるためわき毛が多い人や、両親がそのような体質の場合にも可能性があります。
それはある程度、遺伝の影響があることが分っているからです。

病院では、試験切開によりアポクリン腺の有無を確認して、その上で軟膏やスプレーなどの薬を用いたり、電気で臭いを抑える治療を行います。

または、臭いの原因を100パーセントなくす為に、アポクリン腺を取り除く手術を行うこともあります。
もちろん、自分の納得のいく治療を選ぶことが何よりも重要です。

臭いの強さは人によって違いますし、臭いがどれくらい気になるのかも人それぞれです。
臭いがなくなれば、悩みは解消するのは当然のことですが、人に悩みを打ち明けるだけでも、精神的な負担は確実に軽減されます。
そのためにも、まずは専門医に相談することが一番です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ