ワキガの治療、再発しない方法か、傷をつけない方法か

ワキガは男女問わず、常に強い臭いを発するため、周囲との関係もあり深刻な悩みとなります。
これはアポクリン腺といわれる汗腺からでる汗が、エクリン腺や皮脂腺から出る汗と混ざり、表皮にいる菌と混ざることで独特の臭いを発生するのが原因で起こります。

治療法としては、手術や注射で症状を改善させる方法がありますが、症状が軽い場合には、腋毛の処理やアルコールの塗布などにより雑菌の繁殖を抑える他、制汗剤で汗の分泌を抑える方法もあります。

また、動物系の食物を多く食べると汗の分泌が活発になるため、食事を野菜中心にして、規則正しい生活をすることも効果があります。
重度のワキガの人は、形成外科などで原因となるアポクリン腺を取り除くことが一番確実な方法です。

外科手術ですので、ある程度色素沈着が出たり傷跡は残りますが、腕のいい医師に手術をしてもらえば再発の心配も無く確実に臭いがなくなります。

医師の技術によって再発するかどうかや傷跡が大きく違いますので、事前にしっかり調査しましょう。
メスを入れるのが怖いという人には、ボトックスなどの注射で発汗自体を抑制させる方法もありますが、これは4から6ヶ月程度で再び臭いが出てきますので、継続的に受けなければならなくなります。

また、レーザーで汗腺を熱処理したり、さらにごく小さく皮膚を切開してそこから汗腺を吸引する方法もあり、手術ほどの確実性は見込めませんが、かなり効果があるうえ、術後の肌も綺麗なので注目されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ