ワキガと多汗症を同時に解決できる治療法

ワキガというと、脇の下の汗腺が人よりも多く、そのために汗の量も増え、細菌と混ざって独特な臭いを放つ体臭として知られています。
本来、日本人は汗腺の数が少なく、体臭の少ない民族です。
しかし、一部の人の中には体質的に汗腺が通常よりも多く存在し、鼻を突くような体臭を放つ人もいます。

汗の悩みと言うことで、同じように考えられるのが多汗症です。
これは通常、汗をかくような場面でないのにも関わらず、大量の汗をかいてしまう人のことを指します。

体質的なものもありますが、ストレスや緊張といった精神的なことが大きく作用していると考えられています。
ストレスを軽減させることが改善への近道でもありますが、汗っかきと混同されることもあり、周囲に相談しても気にされることが少ないため、余計にストレスが溜まるという悪循環にもなりがちです。

ただし汗の量が多いと言っても、多汗症の人が必ずしもワキガのような体臭を発生させると言うわけではありません。
汗自体は基本的に無臭なので、大量の汗をかく以外の臭いの問題がない人もいます。

その反面、ワキガの人の中には多汗症でもあることが多いのは事実です。
そこで治療法がいくつかありますが、一番手軽に出来るのがボトックス注射です。

ボトックス注射は、一定期間、汗を強制的に止めることが出来ます。
そうすることで、脇の下も清潔に保つことが出来、臭いも軽減できるという効果を持つのです。
臭いが軽度の人なら汗さえ止めてしまえば、後はデオドラントでケアすることでほぼ無臭になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ