食生活がワキガの原因になっていると指摘する専門家が多く見られ、食事療法によって症状を軽減させることが可能です

日本では10パーセントの人がワキガだと言われており、80パーセントを超えているという欧米と比較すると、全体に占める割合としてはとても低いことが知られています。
これは、食生活の違いにより起こっているようです。

欧米の食生活は、一般的には肉が中心で、乳製品を大量に摂取して炭水化物をあまり食べないと言われており、こういった食生活がワキガの原因になっていると指摘する専門家が多く見られます。

日本でも欧米化された食生活によって、ワキガの低年齢化が見られており、小学生の早い段階でワキガの兆候が見られるというケースも報告されています。
こういった場合には、食事療法によって症状を軽減させることが可能です。

魚と野菜を中心にして、炭水化物をしっかりと食べるという日本人の昔から行なってきた食生活が、ワキガの食事療法として効果的であり、さらに臭いのもとになるような香辛料やニンニクといった食品は、なるべく食べないようにするという工夫を加えることによって、さらに効果が出るケースが見られます。

こういった食事療法は、長期間継続的に行うことによって少しずつ効果が現れるものなので、即効性は期待できるものではありません。
しかし副作用や傷跡が残るようなことの心配がいらないために、安心して行うことができる治療法であると言えるでしょう。

根本的な問題の解決とは言えませんが、ワキガにも個人差があり、元々の臭いがそれほどきつくない人にとっては十分な効果が期待できると考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ