日本人のワキガの人の割合は、10パーセント程度だと言われ少ない部類に入ります

日本人のワキガの割合は、10パーセント程度だと言われています。
国や地域によって比率が異なることが知られており、欧米などに比べると日本人は少ない部類に入ります。
ワキガの原因には、遺伝と食生活が大きなウェートを占めていると考えられているために、地域による出現率が引き合いに出されて論評を行なっている報道を良く目にします。

欧米の、肉中心で乳製品を大量に摂取するような食生活がワキガの原因となっていると考えている専門家も少なくはないようです。

ワキガが発生するのは、思春期の初めごろであるケースが多いようですが、日本では発生率が低いために逆に目立ってしまい、悩みになるケースが多く見られます。

症状がきつい場合には、結婚や就職を諦めてしまう人もいるほどです。

これらを改善するためには、外科的治療と自然療法とがありますが、外科的治療にもいろいろな方法があり、傷跡が残ってしまう方法もあるので、手術に踏み込むことにためらいがある人が多いようです。

一方で自然療法は長期間継続して行わなければならない上に、根本的な解消とはならないと云うのが現在の治療の状況です。
ワキガの症状は個人差があり、場合によっては年齢によって減少していくケースも見られます。

遺伝する確率が高いということからも、ワキガの人は子供には事前によく説明しておく必要があるでしょう。
事前に心の準備ができていれば、受けるダメージも少なくて済む上に食事療法などの治療により症状を軽減させておくことも可能となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ