銀座にはワキガ治療のクリニックが多数あります

夏は特に汗のにおいが気になり、薬局やドラッグストアには、においを抑えるデオドラント製品が販売されています。
入浴後や出かける前にケアすると効果的で、外出中ならデオドラントシートを使って汗を拭きとると良いでしょう。
ハンカチで何度もふくと、逆に汗をつけてしまうことになります。

普通の汗は無色透明ですが、特にわきのにおいが強い場合、服のわきの部分が黄色く変色することがあり、そうなるとワキガの可能性があります。
診断は皮膚科や形成外科などで専門医に診察してもらいますが、皮膚科では、塗り薬などの治療から始まります。

ドラッグストアで販売されている薬よりも、強い効果がある薬を処方してもらえます。
症状が軽い場合は、医者からの指導や薬でにおいを抑えることができます。
しかし、症状が重い場合は手術をして、原因となる汗腺を取り除くことになります。

その場合は皮膚科ではなく、形成外科や美容形成外科となりますが、銀座にはワキガの手術を扱う病院やクリニックが多数あり、駅からも近い場所にあります。

全国展開しているクリニックなら、銀座と同じ治療が受けられます。
ワキガ専門の美容外科ならば、知識と実績のある医師も見つけやすいです。

メスを使って皮膚を数センチ切開し、目で見ながら汗腺を取り除いていきます。
抜糸まではわきをあまり動かさないようにするので、片側ずつ行うと日常生活に支障が出ません。

また、切開をせずに、レーザーやマイクロ波をあてる手術や注射もあります。
クリニック独自の治療法もあり、痛みや腫れを最小限にしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ