芸能人のワキガ治療はボトックス注射

日本人の10人に1人がワキガと言われています。
男性、女性どちらも悩むことに変わりありませんが、女性の場合、特に友達や周囲にどう思われているか気になって仕方ないという人が多いようです。
対策は、症状が軽いものであれば制汗スプレーで対処できますが、専用のジェルやワックスで臭いを押さえ、その後にパウダーなどで保護する方法をとっている方が一般的です。

また、脇から染み出る汗の量に同時に悩む方も多く、そのような方は薬局で市販している汗脇パッドを使って対処しています。
また、体内からの対処法ということで、脂っこいものを控えたり、野菜中心の食事にするということも効果があります。

しかし、このような対処だけでは臭いや汗の量が変わらないという場合、美容外科での手術に踏み切ることが一番の早道です。
現在ワキガの根治には「剪除法」という、脇を切開して汗腺を除去する方法が一番効果的だと言われています。

しかし、その場合にはどうしても手術跡が残ってしまいます。
デリケートな部分ですので、人にじっと見られることはありませんし、2、3センチの傷跡だと気にしない方も多いのですが芸能人は別です。

夏でなくても、男女問わず肌の露出が多い職業ですので、安易に手術には踏み切れません。
そこで、芸能人の間でポピュラーに行われているのが、ボトックス注射です。

注射により汗腺を麻痺させ、脂っこい臭い汗をかかないようにするのですが、効果の程が半年から1年ということで、定期的に通わなければいけません。

手術であれば30万円、ボトックス注射であれば10万円というのが自由診療の標準ですので、毎年注射ということになれば相当な額になります。
とはいえ、収入が一般人とは違いますので、傷が残ってしまうよりは費用がかさむ方を選んでいるのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ