ワキガのメカニズムとこれを治療出来る福岡のクリニック

脇の下の汗が原因で生じる悪臭のことをワキガと言い、腋臭症とも呼ばれ、ツンと鼻につくような独特の酸っぱい臭いがします。
この腋臭症の原因はと言うと、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺の3つの汗腺類からの分泌物が、皮膚に常在している菌により分解されて発生しています。
また、3つの汗腺類が関係し合って症状は起こっていますが、その中でも特にアポクリン汗腺からの汗の分泌が中心です。

ワキガの発生する仕組みは、元々アポクリン汗腺の汗は臭いを持っていませんが、それに含まれる脂肪やたんぱく質などの成分が皮膚の常在菌によって分解され、強い臭いを出します。

さらに、皮脂腺からも分泌される皮脂が加わることにより一層臭いを強くし、エクリン汗腺によって脇全体へ広がっていくのです。
こうした腋臭症を治療するには医師に相談するのがお勧めで、福岡県で治療可能なクリニックを2ヶ所紹介します。

まず赤坂クリニックは、「患者は自分の家族として考えて診療にあたる」という診療理念のもと、誠実で良心的な治療を行なっています。

治療方法は2種類あり、アポクリン汗腺を切除する反転剪除法と器具を使いアポクリン汗腺を吸い込む吸引法で、手術部位の臭いと汗は、反転剪除法ですと99%の治療効果を発揮すると言われています。

2ヶ所目に紹介する福岡三井中央クリニックでは、4種類の治療方法を選択でき、中でも1番手軽なのは注射による治療のボトックス注入法です。

施術時間は僅か5分で、当日からシャワーも入れるため日常生活に支障をきたすこともありません。
福岡県でワキガに悩んでいる方は、是非1度、このようなクリニックを受診してみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ