彼女がワキガの場合に彼が取る最善の行動

欧米の人口の8割がワキガであるのに対し、日本では人口の1割程度と少数派であることと、臭いに敏感な国民性も加わって、日本人は体臭を持っている人を敬遠する傾向があります。
特に女性に対しての風当たりは強く、顔は可愛いのに体臭がきつかったりすると男性側はがっかりしてしまいますが、職場やクラスメイトの場合は我慢できても、自分の彼女がワキガだった場合には知らないふりはできません。

付き合い始めて一緒にいる時間が増えると、ふとした瞬間に臭いを感じることが多くなり、しかも彼女が自分のワキガに気付いていない場合は、彼側は大きな悩みを抱える事態になるでしょう。

女性に対して臭いを指摘するのは気が引けるだけでなく、それが原因で彼女に悲しい思いをさせてしまったり、更に別れるきっかけとなってしまったりした場合、我慢した方が良かったという結果になってしまいます。

しかし、将来結婚を視野に入れているのなら、彼側だけ我慢を重ねると尚更大きな問題となってしまうので、お互いの為にも、彼女がワキガであることをオブラートに包んだ表現で教えてあげるのが最も良い方法でしょう。

しかも、彼女の周囲は気付いていても口には出さずに我慢を重ね、魅力的な彼女と距離を置かずにいてくれる人ばかりと考えられるので、ワキガを治すのは彼女の株を上げることにもなります。

自分の臭いに気付き適切な対処をとったり、場合によっては治療を行ったりするのは他ならぬ彼女のためですので、一緒に治していこうと誠意を持って伝えれば、ふたりの未来にも大きな希望をもたらすでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ