ワキガとは、腋の下から出るとても強い刺激臭が特徴

ワキガとは、腋の下から出るとても強い刺激臭が特徴で、腋臭症とも呼ばれます。
思春期頃から多くなり、体質が関係するのではと言われている症状です。
この臭いは通常の汗の臭いとは異なり、汗のように洗い流せば無くなるというものではありません。
また、ワキガ臭は加齢臭とも違います。

加齢臭はノネナールという物質が原因とされているのに対し、ワキガ臭は2種類(アポクリン汗腺・エクリン汗腺)の汗腺と皮脂腺からの分泌物によって発生してしまう臭いです。

その中でもアポクリン汗腺が主な原因となっていて、そのため、アポクリン汗腺からの分泌物が多い人に発生しやすく、その分泌物に皮脂腺の汗が加わり、皮膚に付いている常在菌と反応してさらに強い臭いを発するようになります。

自分では気づかないうちに周りの人に不快な思いをさせてしまう辛い病気ですが、治療方法はいろいろあります。
手術によってアポクリン腺を取ってしまうという治療がその1つで、この病気の根治術として考えられています。

もう1つはボトックス療法といって、ボトックスという物質を注入してエクリン腺からの汗を止めてしまう治療法で、比較的症状の軽い人にはこの治療法が効果的だと言われています。

その他にも、超音波治療やレーザー治療などがあります。
このように治療法はたくさんありますから、ワキガで悩んでいる方は、形成外科・美容外科・皮膚科等の診療科に1度相談してみることをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ