病院では様々な方法でワキガの手術を行っています

ワキガは臭いが強い為に、自分で気を付けて清潔にしていても、完全に臭いを抑え込むのは難しいのが特徴です。
かえって臭いに神経質になってしまったり、人付き合いに苦手意識が出てしまう等、精神的にも影響が出てしまいます。
病院ではアポクリン腺を除去する手術があり、根本的な要因を完全に排除する事ができるので、ワキガが重度な人や精神的に辛いという人にも有効的な治療法と言えます。

手術の種類は主に二つに分けられ、担当医師が直接部位を見ながら行う「直視下手術法」と、機械を使い、部位を見ないで行う「非直視下手術法」があります。

直視下手術法の剪除法(せんじょほう)は、アポクリン腺を完全除去できる上に、腋毛が減少する特徴を持っています。
傷跡の長さが他の手術に比べて長いですが効果の出方が安定していますので、多くの病院がこの方法で行っています。

そして、非直視下手術法の「皮下組織吸引法」は、腋の下に小さな穴を開けて細い管を通し、アポクリン腺等をかき出しながら吸い取る方法です。

術後の傷跡が目立ちにくいのと、剪除法より広い範囲で行えるメリットがありますが、直視下手術法より腺根が残る事がありますので、再発する場合があります。

その皮下組織吸引法を元に改良された「超音波吸引法」は、かき出す代わりに超音波の熱で汗腺を破壊しながら吸引するので、より効果が高いと言われています。

その他にも様々なワキガの手術がありますが、病院によって方法や金額が違いますので、事前に担当の医師としっかり話し合う事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ