ワキガや多汗症の予防や治療には、病院での診察を受けることが必要です

多汗症は、生理的又は病的に多くの発汗を来す皮膚の病症で、全身性と局所性があります。
汗は99%以上の水と食塩・水に溶けた蛋白質成分や乳酸という物質で、乳酸は疲労した筋肉の中に溜まっている物質で、酸味のある種類のものもあります。
汗臭さは汗そのもののにおいでなく、汗の中の蛋白質成分や乳酸が発酵して臭いにおいの物質を出すことが原因で起こります。

全身的な汗っかきは高温の環境下で肥満した人に起こりますが、いつも汗っかきの人はバセドウ氏病の疑いがあります。
激しい運動での汗は、生理的に起こる当然の現象なのでそれほど気にする必要はないでしょう。

局所的な汗っかきは、顔、首、胴の前、背中、手のひら、手のうしろ、腋の下、足の裏などの部分からでる精神系の発汗です。
この発汗は、著しく緊張した時に大脳皮膚が命令をして、前述した体の部分から出るものです。

においは腋の下や陰部などから出るものが強く、また、足も臭くなります。
強烈な悪臭を放つワキガは、その汗に含まれる脂肪酸という物質をそこに住む細胞が食べて分解し、悪臭の成分を排泄することで起こります。

思春期に入ると精神的感動が大きくなりワキガがにおい始めますが、特に、耳垢の軟らかい人ほど悪臭が強いと言われています。
足が臭くなる原因は、精神系の発汗で足裏に大量の汗がでて、この汗の中ににおいの物質が含まれているからです。

人の体は発汗作用により体温調節し、健全な体に維持し守られています。
しかし、大量の汗っかきな人は病気の疑いがあるかもしれませんから、病院での検査をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ワキガ

このページの先頭へ