アルピナのウォーターサーバーは赤ちゃんにも安全

ウォーターサーバーは、病院や役所などの公共施設はもとより、一般家庭にも普及してきました。
東日本大震災による原発事故の影響で放射能が気になる人も増え、安心で安全な水を子どもに飲ませたいと思う家庭が増えています。
特に赤ちゃんがいる家庭ではその傾向は強いものです。

そこで、安全な水を配達してくれるウォーターサーバーが人気となりつつあります。
これを活用することで、赤ちゃんのミルク作りも楽に行うことができます。

お湯と水が両方利用できるので、ぬるま湯が簡単に作ることができ、調乳を楽に行うことができるのです。
また、ミネラルウォーターのペットボトルを買い行く必要がなくなり、買い物も楽になります。

このようなメリットのあるウォーターサーバーですが、どこのものでも一緒ではありません。
放射能検査を行いしっかりと公表しているところでないと安心して使うことはできませんし、また、いくら良いものでもコストが掛かるのも困ります。

そこでお勧めなのがアルピナウォーターです。
アルピナウォーターは1Lあたりの価格が83円と大変安く、月600円のサーバーレンタル代金が必要とはなりますが、それでも総コストは安く抑えられています。

水質も硬度1.05度という超軟水なので、内臓の発達していない赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。
また、月単位で放射能検査の結果を公式サイトにて公表しており、安全面でも満足できる会社です。
小さいな子どもがいる家庭には必要な、ホット機能にチャイルドロックが標準装備されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーターサーバー

このページの先頭へ