赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーが支持されている理由

ウォーターサーバーは今では医療機関やスーパーなど人の多く集まる場所だけでなく、一般家庭にも普及しつつあります。
特に若い世代の家庭では、小さな子供や赤ちゃんには綺麗で美味しい水を飲ませたいと思っている方が多く広く利用されています。
ウォーターサーバーは安全で美味しい水が飲めるだけでなく、日常生活にも非常に役立つので、育児や家事、仕事に追われて忙しいお母さんの力強い味方となってくれます。

メリットはまず、サーバー業者が自宅まで水を配達してくれるので、重い水を購入して家まで運ぶ手間が省けると言う事が挙げられます。
また、冷水と熱湯のどちらも欲しい時に好きなだけ出せるのでミルクの調乳にも便利ですし、食事の準備にも活躍します。

加えて、お湯を沸かす手間が省けるため、すぐにお茶やコーヒーが飲めるので急な来客にも慌てず対応出来ますし、災害時にも飲料水が確保でき、万が一水道水が断水してもしばらくはサーバー内の水である程度生活が可能です。

とは言え、ウォーターサーバーを導入すれば家計を圧迫するのではないかと心配する方もいるでしょう。

しかし、サーバーのレンタル料は業者により多少のバラつきはあるものの1ヶ月に500円~1,500円程度で、中にはサーバー代が無料の会社もあります。

給水ボトル500ミリリットル当たりの計算で50円~80円程度が相場なので、市販のペットボトルの水の料金と比べてもさほど高い商品ではない事が分かります。

この様に、ウォーターサーバーは利便性にも優れているので、赤ちゃんのいる家庭で支持されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーターサーバー

このページの先頭へ