ウォーターサーバーには販売とレンタルがあり、何時でも温水と冷水が飲めます。

日本の水道水は安全と言われていますが、塩素臭や原発事故による放射性物質による健康被害が気になり、水の安全性を見直す家庭が増えています。
しかし、販売されているペットボトルの水は割高で買い物も重くて大変ですし、浄水器は中のカートリッジを交換する手間とコストが掛かります。
そんな時は、ウォーターサーバーを設置すれば、カートリッジの水をセットするだけで自動的に給水され、何時でも手軽に美味しくて安全な水が飲めますし、地震などの災害で水道が止まっても飲み水が確保されているので、安心して生活できます。

冷水と温水がすぐに使用できるので、コーヒーやお茶を淹れたり、赤ちゃんのミルクを作る時に手間が省けて便利です。

水の種類で人気なのは関西以西で採れた物ですが、阿蘇のバナジウム天然水は中硬水でミネラルを豊富に含み、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・亜鉛も摂取できるので、健康促進・美容効果・老化防止につながる為、水選びの参考にしましょう。

しかし、赤ちゃんや子供は硬水ですと下痢しやすいので、軟水を選ぶ必要があります。

本体選びは、もし既に自宅に浄水器があってその水を入れて使うのであれば、本体は4万円ほどで販売しているので、カートリッジの水を買う事はなく後々は安く済みます。

また、カートリッジの水を定期的に届ける契約で本体のレンタル代が無料や格安になる会社も多く、自宅に届けてくれるので買い物の手間が省けたり、使い捨てタイプは置き場所を取らず、回収タイプは低価格で資源の節約になります。

以上のことを踏まえて、家族構成やコストを考慮してウォーターサーバーを選び、健康維持に役立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーターサーバー

このページの先頭へ