ウォーターサーバーなら高いシェアを誇るメーカーがお勧め

以前は病院の待合室などでしか見かけることが出来なかったウォーターサーバーですが、最近では自宅に置く人も増えてきました。
日本は世界でも珍しく蛇口から出る水を飲める国なので、レンタル開始当初はなかなか一般家庭には普及しませんでした。
しかし、カルキやサビなどの不純物の混入や、水道水の殺菌・消毒に用いられる塩素、更には自分では管理できない水道管や貯水タンクの汚れへの不安などから、1980年代からレンタルをする家庭が増え始めました。

更に、その後は健康志向の高まりを受けてミネラル分が豊富な水に関心が集まり、1990年代にはサントリーやダイオーズ、2000年代にはアクアクララやハワイウォーターが業界に参入し、広く浸透するようになったのです。

現在、その業界のトップを走るのは「アクアクララ」と「クリクラ」で、この2社だけで市場の40%以上のシェアを占めていると言われています。

アクアクララはイメージキャラクターに有名俳優を起用し、サーバーを中心とした生活を多方面から映したCMが視聴者の共感を得て知名度を上げました。

クリクラはアニメ番組のスポンサーとなり、番組を見ている家庭で「ウォーターサーバーならここ」という意識付けをしたことが勝因と言えます。

どちらの企業も多くの消費者から支持を得ている理由は、アパートでの一人暮らし向けに卓上タイプを用意するなど利用者のニーズに合わせたサーバーを開発したことや、メンテナンスのしやすさ、レンタル費用の安さなどが挙げられます。

従って、高いシェアを誇るウォーターサーバーなら失敗する心配が無いのでお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーターサーバー

このページの先頭へ