ウォーターサーバーの種類について

最近は会社やお店だけではなく、各家庭でもウォーターサーバーを使用しているところが増えています。
日本の水道水は世界と比較してもじゅうぶん安心して飲める基準ではありますが、健康志向や子供の安全を考えて、水道水以外を使用する人も増加傾向にあります。
また、美味しい水を飲みたいという人も多く、近年ウォーターサーバーがかなり普及してきています。

メーカーによってサーバーの機械や水の種類は異なりますが、主に宅配を中心に行っているメーカーでは、天然水とRO水、RO水にミネラルをプラスしたデザインウォーターの3種類が主流となっています。

天然水は特定の水源から採取した地下水を原料としていて、地下で滞留している間に地層のミネラル分が溶けだした水で、化学的な処理を一切行わずにろ過と沈殿、加熱処理だけを施しているので、安心して飲用することが可能です。

RO水はミクロレベルのフィルター(RO膜)を通してろ過された水のことで、通常のろ過では除去が難しいごく微細な不純物も取り除いてあり、ミネラル分も含まれていません。

ですから純粋に限りなく近い水と言われていて、ピュアウォーターとも呼ばれています。
そしてRO水プラスミネラルの水は、RO水に人工的に後からミネラル分を添加して調整をした水で、最近はデザインウォーターとも呼ばれています。

また軟水と硬水の違いですが、これはミネラル分が多く含まれるものは硬水と呼ばれ、ミネラル分が少ないものが軟水です。

軟水は日本人向けと言われており、ウォーターサーバーではほとんどのメーカーが軟水を取り扱っているので、赤ちゃんや妊婦でも安心して使用できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ウォーターサーバー

このページの先頭へ