日本発のマープ増毛法についてのご紹介

マープ増毛法は、「かつらでもない。植毛でもない」、このCMのキャッチフレーズで一躍有名になりました。
日本で初めてアートネイーチャーによって開発されたマープが誕生したのは昭和59年(1984年)で、かつらのように土台となるものを必要としない画期的な方法でした。
以来、約30年に渡って「自毛を活かして、増やしたい部分に増やしたいだけ、より自然に、より理想に近づけて」をコンセプトにしています。

増毛の技術だけでなく、人工毛の品質など膨大なデータを元に改良と進化を積み重ねた「マープマッハ」が2013年に誕生しました。

現在はマープナチュレ、マープトレン、マープソニック、マープマッハの方法があり、その中でもマープマッハは汗や頭皮の蒸れ、シャワーや雨による水濡れ、ドライヤーなどの熱、引張等の刺激に対して耐久性があり、増毛前と同じ感覚で日常生活が送ることが望めます。

肝心の料金ですが、一概にいくらと決まっているわけではありません。
理由は、個人によって増毛に適した本数や増毛スケジュール等が異なるため、それに応じて料金にも違いが出るからです。

はっきりした費用は、カウンセリングを受けた上で算出されるという流れになります。

アートネイーチャーのサロンでは、期間によっては無料でお試し体験を実施していますので、相談や質問のある方は是非問い合わせてみてはいかがでしょうか。

自分の悩みに合った商品を提供してくれるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:増毛

このページの先頭へ