植毛は自毛などを頭皮に植え付ける医療行為で、増毛は人工的に髪を増やす方法です

植毛は、人工毛や自毛を頭皮に植え付けて髪のボリュームを増やし、自然に髪の毛を定着させる医療行為です。
薄毛の人に効果的ですが、怪我や火傷などで髪が無くなってしまった人や、男性型脱毛症の人にも効果があります。
しかし、人工毛は髪が傷んだり、抜けた所からは生えてこないので、再手術が必要になります。

その他にも、人工毛によるトラブルが多いので、今では拒絶反応を防ぎ、抜ける事なくその後も生えやすいとして、自毛を使用する事がポピュラーになっています。

中でも、ダイレクト法という切らない植毛手術が人気で、ロボットが毛根ごと頭髪を採取して、直接気になる部分に植え付けるという方法です。
切らない事で時間が短縮され、また術後の回復が早いので、体の負担を最小限に抑えます。

そして増毛は、一本の自毛に何本かの人工毛を結び付けて人工的に髪を増やす方法で、短期間で気軽に髪をボリュームアップできるので、かつらの様に毎日付け替える事もなく自然な髪型にする事が可能です。

そして、サロンや美容室などで取り扱っている店舗も多く、簡単に色々な髪型にできる事から、おしゃれとして増毛を楽しんでいる人も増えています。

しかし、髪が伸びると不自然な髪型になりますので、まめにメンテナンスをする必要があるので維持費がかかりますし、質が良い人工毛は高額な場合がありますので、費用的にも良く考える必要があります。

そして、二つの違いをよく比べて、どちらが自分に良いのか選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:増毛

このページの先頭へ