増毛にはいろいろな方法があるので理解して行いましょう

テレビコマーシャルなどで、髪の毛が増えた、生えたといった宣伝を目にします。
男性にとって薄毛になることは悩みの一つでもあり、髪の毛が薄くなると年齢よりも老けて見える傾向にあります。
発毛や育毛などの言葉をよく耳にしますが、増毛という方法もあり、これにはいくつかの種類があります。

スヴェンソンで行なっているのは編み込み式の増毛法で、これは3本の糸を編み込むことで髪全体に土台を作り、そこへ人口毛を30から40箇所ほどかがり付けをして編み込んでいくものです。

土台を作りまとめて編み込むので、自毛や頭皮への負担が少ないと言われており、スポーツやシャワー、水や汗にも強く、普段の生活を邪魔しないというメリットがあります。

ただし、自毛が伸びてくると編み直しが必要です。

アートネイチャーやアデランスで取り入れているのが結毛式という方法で、こちらは自毛1本1本に人工毛を3から6本程度結び付けて増やすという増毛法になります。

アートネイチャーではマープ、アデランスではピンポイントフィックスという商品がその方法を採用したものです。
編み込み式と同じように普段の生活を邪魔することはなく、通気性がよく蒸れたり頭皮を荒れさせる心配が少ないと言われています。

しかし、自毛への負担を懸念する人も多く、自毛が伸びると結び目がずれてしまうのでメンテナンスが必要です。

他にも、接着式と言われるアートネイチャーのフェアフォーライフなどは、自毛がない部分にも髪を増やすことができる方法で、生え際など目立つ部分もリアルに表現ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:増毛

このページの先頭へ