育毛と増毛の違いについて

年齢を重ねるごとに髪に関する悩みが増えていきます。
新陳代謝の低下やホルモンのバランスなど様々な原因がありますが、はっきりとした原因が分からない場合も多く、解明が待たれるところです。
ところで、テレビといったメディアでよく発毛・育毛、増毛という言葉を耳にしますが、その違いが何かを知っていますか。

人間の髪には一定の成長サイクルがあると言われ、そのサイクルの正常化を図り、髪が自分の力で育っていけるようにサポートするのが育毛です。
一方の増毛とは、薄くなった部分に人工的に手を加えて髪を増やす方法とされており、確実で即効性があることから注目されています。

育毛は一般的に、専用機器やヘアケア剤を用いてヘアサイクルを阻害している血行不良や、毛根活力の低下など薄毛や脱毛の要因に対し様々な角度からアプローチしながら髪を育てていきます。

頭皮の環境を重視し、髪の成長サイクルの正常化に成功すれば発毛も期待されます。
増毛は髪の流れや髪質、髪の色といった個人の特徴に合わせて再現をします。

技術が発達したことにより、ニーズに応じたヘアスタイルの実現も可能で様々なタイプが見られます。

現在では長時間の連続使用ができたり、頭皮に貼りつけるタイプや今ある髪に編み込んでいくタイプなどがあり、要望に合わせた選択も可能となっています。

自分に合ったこうした方法を用いれば髪のケアによって育毛も期待できますし、目立たずに髪を増やすことも実現可能となりますので、まずは専門家に相談して髪の悩みを解消しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:増毛

このページの先頭へ